【SwiftUI】ボタンの使用方法

こんにちはコーヤです。

このページでは、SwiftUIのボタンの使用方法についてご紹介します。

以下のバージョンで動作確認しています。

  • Xcode 13.4.1
  • Swift 5.6.1

ボタンのコード

ボタンの書式は主に3種類あります。ボタンとしての効果はどれも同じです。

書式1
Button(ボタン名){
    アクション
}
書式2
Button(action: {
    アクション
}) {
    Text(ボタン名)
}
書式3
Button(action: {
    アクション
}, label: {
    Text(ボタン名)
})

どの書式でも同じボタンになるので、自分が読みやすいコードになるように選びましょう。

ボタンの具体例

上記の3種類の書式それぞれのコードです。

最初は0が表示されており、Buttonの部分を押すと1から6までランダムな数字が表示されるボタンです。

書式1
struct ContentView: View {
    @State var num: Int = 0
    var body: some View {
        HStack {
            Button("Button"){
                num = Int.random(in: 1...6)
            }
            Text("\(num)")
        }
        .font(.largeTitle)
    }
}
書式2
struct ContentView: View {
    @State var num: Int = 0
    var body: some View {
        HStack {
            Button(action: {
                num = Int.random(in: 1...6)
            }) {
                Text("Button")
            }
            Text("\(num)")
        }
        .font(.largeTitle)
    }
}
書式3
struct ContentView: View {
    @State var num: Int = 0
    var body: some View {
        HStack {
            Button(action: {
                num = Int.random(in: 1...6)
            }, label: {
                Text("Button")
            })
            Text("\(num)")
        }
        .font(.largeTitle)
    }
}

アクションが複雑な場合の対処方法

ボタンを押したときのアクションが複雑になった場合、ボタンのコードの中にアクションを書くと読みにくくなります。

そこで、アクションの中身を関数だけにしてコードをスッキリさせることができます。

同様にラベルが複雑になった場合でも、ラベルはビュー名だけにすることができます。

以下のコードは上記の1から6までランダムに表示するボタンを関数とビューを使用して書いたものです。

struct ContentView: View {
    @State var num: Int = 0
    var body: some View {
        HStack {
            Button(action: {
                num = dice()
            }, label: {
                ButtonView()
            })
            Text("\(num)")
        }
        .font(.largeTitle)
    }
}

func dice() -> Int {
    var result: Int = 0
    result = Int.random(in: 1...6)
    return result
}

struct ButtonView: View {
    var body: some View {
        Text("Button")
    }
}

ボタンの書式設定

.buttonStyle(ボタンの書式)
struct ContentView: View {
    var body: some View {
        VStack(spacing: 30) {
            Button("automatic"){}
                .buttonStyle(.automatic)
            Button("bordered"){}
                .buttonStyle(.bordered)
            Button("borderedPriominent"){}
                .buttonStyle(.borderedProminent)
            Button("borderless"){}
                .buttonStyle(.borderless)
            Button("plain"){}
                .buttonStyle(.plain)
        }
        .font(.title)
    }
}

ボタンの当たり判定

ボタンには当たり判定があります。テキストつきの長方形ボタンを書くとき、以下の2パターンでそれぞれ当たり判定が異なります。

struct ContentView: View {
    var body: some View {
        VStack(spacing: 50) {
            Button(action: {}, label: {
                Rectangle()
                    .frame(width: 400, height: 100)
                    .foregroundColor(.green)
                    .overlay(
                        Text("Button")
                            .foregroundColor(.white)
                    )
            })
            Button(action: {}, label: {
                Text("Button")
                    .foregroundColor(.white)
                    .background(
                        Rectangle()
                            .frame(width: 400, height: 100)
                            .foregroundColor(.blue)
                    )
            })
        }
        .font(.largeTitle)
    }
}

緑色のボタンは長方形の上にテキストを書いています。青色のボタンはテキストの背景に長方形があります。

この場合、緑色のボタンの当たり判定は長方形全体になり、青色のボタンの当たり判定はテキストの部分だけになります。

おそらく緑色のボタンの方が適切な当たり判定だと思います。ボタンを設置する際は気をつけましょう。

以上です。ご参考になれば幸いです。

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました