【SwiftUI】ピッカーの使用方法

こんにちはコーヤです。

このページでは、SwiftUIのピッカーの使用方法についてご紹介します。

以下のバージョンで動作確認しています。

  • Xcode 13.4.1
  • Swift 5.6.1

ピッカーのコード

Picker(selection: フラグ, label: EmptyView())
struct ContentView: View {
    @State var colorNum: Int = 0
    var body: some View {
        VStack {
            Picker(selection: $colorNum, label: EmptyView()){
                Text("green").tag(0)
                Text("yellow").tag(1)
                Text("red").tag(2)
            }
            if colorNum == 0 {
                Circle()
                    .foregroundColor(.green)
                    .frame(width: 100, height: 100)
            } else if colorNum == 1 {
                Circle()
                    .foregroundColor(.yellow)
                    .frame(width: 100, height: 100)
            } else if colorNum == 2 {
                Circle()
                    .foregroundColor(.red)
                    .frame(width: 100, height: 100)
            }
        }
    }
}

labelのEmptyView()を書かないとエラーになるので、特に意味はないですが書いておきましょう。

配列の使用方法

上記のコードは選択肢が3種類しかないのでピッカーの中にタグを3個書いていますが、選択肢が多くなるとコーディングが大変になります。

そこで、ピッカーの選択肢を配列にすることでコードをスッキリさせることができます。

同様にピッカー選択後の処理も配列を使用するとif文だらけのコードになるのを防げます。

上記の3色を選択するコードを配列で書き直すと、以下のようになります。

struct ContentView: View {
    @State var colorNum: Int = 0
    let colorChoices: [String] = ["green", "yellow", "red"]
    let colorArray: [Color] = [.green, .yellow, .red]
    var body: some View {
        VStack {
            Picker(selection: $colorNum, label: EmptyView()){
                ForEach(0 ..< colorChoices.count, id: \.self) { num in
                    Text(self.colorChoices[num])
                }
            }
            Circle()
                .foregroundColor(colorArray[colorNum])
                .frame(width: 100, height: 100)
        }
    }
}

ピッカーの書式設定

.pickerStyle(書式)

ピッカーの書式を変更することができます。

struct ContentView: View {
    @State var colorNum: Int = 0
    let colorChoices: [String] = ["green", "yellow", "red"]
    var body: some View {
        VStack(spacing: 20) {
            Picker(selection: $colorNum, label: EmptyView()){
                ForEach(0 ..< colorChoices.count, id: \.self) { num in
                    Text(self.colorChoices[num])
                }
            }
            .pickerStyle(.segmented)
            Picker(selection: $colorNum, label: EmptyView()){
                ForEach(0 ..< colorChoices.count, id: \.self) { num in
                    Text(self.colorChoices[num])
                }
            }
            .pickerStyle(.wheel)
        }
    }
}

以上です。ご参考になれば幸いです。

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました