【独学1ヶ月】基本情報技術者試験の勉強方法

こんにちはコーヤです。

IT系の会社に就職した社会人にとって最初の関門である基本情報技術者試験。

とはいえ、IT系の会社に就職する人みんなが大学で情報工学を専攻していましたとか、IT系の専門学校に通っていましたとか、そのようなIT系に詳しい人ばかりではないと思います。

そこで、このページでは私の体験談をもとに

  • 情報系の勉強をしたことがない状態から
  • 1ヶ月間の独学のみで合格をした勉強方法

を紹介していきます。参考になれば幸いです。

私のスペック

具体的な勉強方法を紹介する前に、私のスペックを紹介しておきます。

理系の大学に通っていましたが情報系は勉強したことはありませんでした。

新卒でIT系の会社に就職し、会社から基本情報の取得を指示されたので勉強し始めました。基本情報が情報系分野との初対面です。

会社で働きながら平日夜と土日で勉強し、1か月間の独学で合格を達成することができました。

1ヶ月間の勉強スケジュール

午前試験

前半の2週間で午前試験の勉強を行いました。

1週間目は「柏木先生の基本情報技術者教室」を読みました。とても整理されていて読みやすい参考書でした。

2週間目は「過去問道場」というサイトで過去問演習を行いました。

1年分の問題を解いて、分からなかった問題は「柏木先生の基本情報技術者教室」で調べる、というのを毎日繰り返していました。

1日で1年分の過去問を解いていたので、全部で7年分解きました。

午後試験

後半の2週間で午後試験の勉強を行いました。

午後試験は参考書を買わず「過去問道場」というサイトでひたすら過去問演習を行っていました。

平日は情報セキュリティ1問、データ構造とアルゴリズム1問、ソフトウェア開発1問、その他の分野から1問、の計4問を解きました。

土日は情報セキュリティ1問、データ構造とアルゴリズム1問、ソフトウェア開発1問、その他の分野から約5問、の計8問を解きました。

幸いなことに午後試験は午前試験の知識があれば十分に解けます。午後試験のために新しく勉強したことは、次の段落で紹介するソフトウェア開発だけです。

午前試験で身につけた知識をアウトプットする練習のために、過去問を解きまくるのがおすすめです。

ソフトウェア開発のおすすめ言語

プログラミング初心者にとって鬼門のソフトウェア開発ですが

  • C言語
  • Java
  • Python
  • アセンブラ
  • 表計算

の5つからどれか1つを選択する方式です。私は表計算を選択しました。

理由は以下2つです。

  • 他の基本情報の勉強方法を紹介しているサイト複数にて、プログラミング初心者は表計算がおすすめという記述があったから
  • 大学生のときにエクセルを使ったことがあり、全く初めてのプログラミング言語よりは表計算のほうが着手しやすかったから

こんな初心者の状態からでも、2週間勉強すれば解けるようになりました。

他の言語の勉強をしていないので比較できませんが、私も他サイトと同じように表計算をおすすめしておきます。

CBT方式ならではの注意点

私はCBT方式というPCを使って回答する方式のテストを受けました。

CBTで一番困ったのは午後試験の表計算の問題です。ソースコードの穴埋め問題を解くときに、穴の場所と選択肢が同じ画面に映らないので、画面を行ったり来たりしながら解きました。

この行ったり来たりが想像以上にストレスです。

対策法として、穴の場所周辺のソースコードを読んで穴にはどういうソースコードが入るのか目星をつけた状態で選択肢の画面に移る、というのを心がけるといいと思います。

迷う選択肢があったときは、選択肢の中身をメモ用紙に書き出してからPCの画面を穴の箇所に移して、PCの画面とメモ用紙をにらめっこする、という感じで解いていました。

選択肢を書き写している時間なんてあるのか?と不安になると思いますので、表計算の問題を解くのは最後にしたほうがいいでしょう。

まとめ

  • 午前試験は参考書と過去問で勉強
  • 午後試験は過去問で勉強
  • ソフトウェア開発の言語選択で迷ったら表計算

以上です。皆さんの合格を祈っています。

【追記】応用情報も受験する予定の方へ

応用情報試験も合格しました。

行った試験勉強は、試験前日に午後試験の過去問を1年分解いただけです。午前試験はノー勉です。

応用情報の問題のほとんどは基本情報と同じ範囲の問題です。基本情報を合格したら、知識が抜けないうちに応用情報も受験するのが良いかと思います。

コメント