新卒で就職したSIerを2年で辞めた理由

こんにちはコーヤです。

このページでは、新卒で就職したSIerを2年で辞めた理由を記載します。

私と同じくSIerに就職したものの不満がある社会人や、SIerに就職しようか検討している就活生の参考になれば幸いです。

SIerを辞めた理由2点

辞めた理由は以下2点です。

  1. 毎日つまらない単純作業をするだけで、自分の能力が下がっていく恐怖感があったから
  2. 自分が将来なるであろう先輩社員の業務に魅力を感じず、働き続けることに虚無感があったから

以下でそれぞれ詳細を述べますが、その前に私が配属されたプロジェクトの構造を整理しておきます。

プロジェクトの構造

会社視点で見たプロジェクトの構造

プロジェクトには多くのSIerとその協力会社が関わっており多重請負構造になっていました。私が所属するSIerは3段目を構成している一社でした。

私視点で見たプロジェクトの構造

私が配属されたプロジェクトは生命保険会社が社内で使用している保険契約を管理するシステムの保守運用でした。

チームは40名くらいです。ピラミッド3段目の自社SIerから先輩と私の2名、ピラミッド4段目5段目の協力会社から合わせて38名くらいという構成でした。

先輩はプロジェクトマネージャーとして40名の指揮を取るポジションです。

私は小分けされたチームのメンバーとして参加することになりました。若手のうちは現場作業を経験し、将来的にプロジェクトマネージャーになるというルートだそうです。

辞めた理由① 恐怖感

辞めた理由1つ目は「毎日つまらない単純作業をするだけで、自分の能力が下がっていく恐怖感があったから」です。

私が2年間で行った業務は主に以下3点です。

  1. 昔の設計書から変更された箇所が赤字で書かれたままなので、黒字に変更して体裁を整える作業
  2. 設計書の仕様通りのシステムかどうか、手作業で値を入力し目視で出力を確認する作業
  3. 偉い人たちの会議内容をレコーダーに録音し、その録音を書き起こす作業

各作業の詳細は割愛しますが、総じて言えるのはなんの能力も必要ではなくただ時間だけが無駄にかかる作業ということです。

(自動で黒字にするマクロを組もうとか、テスト自動化ツールを導入しようとか、音声書き起こし機能を使おうとか、そういう改善は禁止されています。最重要事項は生命保険会社のセキュリティルールを守ることなので、ルールに記載されていないツールを使うことはできません。)

頭も働くし体力もある25,26歳の期間にまったく頭を使わずイスに座って単純作業をポチポチするだけの仕事を行っており、他の同年代に大きな差をつけられたのではないかという焦りを感じました。

なにより自分の能力がどんどん下がっていく実感があり、焦りも相まって恐怖感を感じました。

辞めた理由② 虚無感

辞めた理由2つ目は「自分が将来なるであろう先輩社員の業務に魅力を感じず、働き続けることに虚無感があったから」です。

自社の社員が先輩と私しかいないため、おそらく先輩社員のポジションを継ぐことになるだろうというのは予想がつきますし、そういったことを上司からも伝えられていました。

私から見た先輩社員の仕事内容は主に2つでした。

  1. 他社SIerではなく自社SIerに業務を振り分けてもらうために生保IT子会社に交渉すること
  2. 業務量が増加して協力会社社員に負荷がかかっても協力関係を維持するために交渉すること

この仕事内容を良く言えば、各方面と円滑な人間関係を築いて事業を拡大しつつ効率的に業務を遂行する土台を作ることです。

ですが私から見たその仕事内容は、多重請負構造のピラミッドの中で自社SIerが中抜きできる金額を増やすために各方面にゴマをすっておくことに感じました。

現状のつまらない仕事に耐えて出世したその先にゴマすり漬けの毎日が待っていると思うと、この部署で働くことへの虚無感を感じました。

仕事を変えるために取った行動

「現状から一刻も早く脱出したいし、働き続けても明るい未来はないと思うから転職しようと思っている。」という話を先輩社員、課長、部長にしました。

すると部長の権限が届く範囲内で配属するプロジェクトを変更してくれるという話になりました。

私が配属された保険契約を管理するシステムの保守運用プロジェクトから別のプロジェクトに行けるということでしたが、部長の権限の範囲内なので生命保険会社のピラミッド3段目であることは代わりありませんでした。

プロジェクト変更すれば現状の作業のつまらなさからは解放されるかもしれませんが、ピラミッド3段目にいる以上、出世した先に待っているゴマすり漬けの毎日からは逃げられないのではという疑問を感じていました。

とりあえずプロジェクト変更を受け入れるか思い切って転職するか悩んでいたとき、たまたま事業部長と話せる機会があったので、転職しようか迷っている話を事業部長にしました。

事業部長の反応は部長と同じで、事業部長の権限が届く範囲内で部署異動してくれるという話になりました。

事業部長の権限の範囲内となると部長の時とは話が変わります。事業部長の範囲内なら生命保険会社のピラミッドから脱出できるからです。

生命保険会社のピラミッドの3段目の仕事が嫌なだけであり自社SIerに対して不満はあまりなかったですし、私が新卒配属面談の時に希望を出して落選した部署に異動させてくれるとのことでした。

生命保険会社のピラミッドから脱出しつつ希望していた部署に異動できる選択肢が生まれたので、最終的に転職はせず部署異動をお願いすることにしました。

現状維持、部署異動、転職、どれが正解か

このページを書いているのは2022年9月で、異動は2022年10月です。

なので現時点では現状維持、部署異動、転職のどれが正解だったのかは分かりません。

今回の件で人事的なマイナス評価はついていると思います。穏便に済ませたいなら現状維持が正解でしょうし、人事評価を気にせずに仕事を変えたいなら転職が正解だと思います。

ただ、私のように「〇〇の仕事がやりたいから」ではなく「今の仕事が嫌だから」のようなネガティブな理由で転職活動しても面接に通らないと思いますし、今の仕事への不満を原動力に行動し始めた以上、現状維持を選択することは考えられませんでした。

なので私にとっては部署異動が正解だったと思います。(認知的不協和で正解だと思いこんでいるだけかもしれませんが。。。)

部署異動を選択したことがどう影響するのかまだ分かりませんが、少なくとも生命保険会社のピラミッドから脱出できたことで一時的な安心感は得ています。

来月からもともと希望していた部署での仕事です。頑張ります。

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました