【SwiftUI】画像を表示する方法

こんにちはコーヤです。

このページでは、SwiftUIで画像を表示する方法をご紹介します。

以下のバージョンで動作確認しています。

  • Xcode 13.4.1
  • Swift 5.6.1

画像の取り込み方法

ファインダーからXcodeにドラック&ドロップで画像を取り込むことができます。

XcodeはAssets.xcassetsを開いておきましょう。Xcode左側のナビゲーターエリアから選択します。

Assets.xcassetsに画像名が表示されたら、ソースコードの中でその画像名が使えるようになります。

Image("画像名")
struct ContentView: View {
    var body: some View {
        Image("SamplePicture")
    }
}

画像サイズの設定方法

縦横比を変動させる

.resizable()
.frame(width: 横の長さ, height: 縦の長さ)
struct ContentView: View {
    var body: some View {
        Image("SamplePicture")
            .resizable()
            .frame(width: 600, height: 200)
            .border(Color.red, width: 2)
    }
}

縦横比を固定する(短辺基準)

.resizable()
.scaledToFit()
.frame(width: 横の長さ, height: 縦の長さ)
struct ContentView: View {
    var body: some View {
        Image("SamplePicture")
            .resizable()
            .scaledToFit()
            .frame(width: 600, height: 200)
            .border(Color.red, width: 2)
    }
}

縦横比を固定する(長辺基準)

.resizable()
.scaledToFill()
.frame(width: 横の長さ, height: 縦の長さ)
struct ContentView: View {
    var body: some View {
        Image("SamplePicture")
            .resizable()
            .scaledToFill()
            .frame(width: 600, height: 200)
            .border(Color.red, width: 2)
    }
}

背景画像の設定方法

縦横比を変動させる

.resizable(resizingMode: .stretch)
.ignoresSafeArea()
struct ContentView: View {
    var body: some View {
        Image("SamplePicture")
            .resizable(resizingMode: .stretch)
            .ignoresSafeArea()
    }
}

縦横比を固定する

.resizable(resizingMode: .tile)
.ignoresSafeArea()
struct ContentView: View {
    var body: some View {
        Image("SamplePicture")
            .resizable(resizingMode: .tile)
            .ignoresSafeArea()
    }
}

以上です。ご参考になれば幸いです。

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました