【SwiftUI】余白の調整方法

こんにちはコーヤです。

このページでは、SwiftUIで余白を調整するパディングの使い方についてご紹介します。

以下のバージョンで動作確認しています。

  • Xcode 13.4.1
  • Swift 5.6.1

パディングの効果

.padding(余白の位置, 余白の大きさ)

パディングを使用すると余白ができます。

左側がテキストの背景色を塗ったもの、右側がテキストに余白を設定してから背景色を塗ったものです。

struct ContentView: View {
    var body: some View {
        HStack {
            Spacer()
            Text("padding sample")
                .background(.yellow)
            Spacer()
            Text("padding sample")
                .padding(.all, 20)
                .background(.yellow)
            Spacer()
        }
        .font(.largeTitle)
    }
}

余白の大きさと位置の設定方法

.padding(余白の位置, 余白の大きさ)

余白の大きさと位置はパディングの引数で設定できます。

struct ContentView: View {
    var body: some View {
        HStack {
            Spacer()
            Text("top")
                .padding(.top, 100)
                .background(.yellow)
            Spacer()
            Text("horizontal")
                .padding(.horizontal, 40)
                .background(.yellow)
            Spacer()
            Text("leading & bottom")
                .padding([.leading, .bottom], 60)
                .background(.yellow)
            Spacer()
        }
        .font(.largeTitle)
    }
}

余白の位置を指定するモディファイアは以下のとおりです。

以上です。ご参考になれば幸いです。

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました